マナーと知識

【神社参拝時の服装】通常参拝、昇殿参拝の時におすすめの服装

こんにちは。神社巡りと御朱印巡りにどっぷりハマっているTSUBASAです。

「神社に行きたいけど、どんな服装だと失礼にならないかがわからない。」

「昇殿参拝をしていただくのだけど正しい服装って?」

そんな疑問を持つあなたに向けて書いた記事です。

参拝の基本的な服装

基本的にこれは絶対にNG!という決まりはありません。
神様に感謝を伝える、ご挨拶する気持ちが一番大切だからです。

ですが、やはり、せっかく行くなら敬意を持って参拝したいですよね。

神経質に気にする必要はありませんが、
・露出が多い
・極端に汚れた服
・ヒールがあり境内の地面を傷つける靴

などは避けたほうがいいでしょう。

良いとされているのは、

・露出を控えた服
・つま先まで隠れた靴
・ひざ下丈のスカート
・作業着でない服装

です。

イメージとしては、目上の方と待ち合わせをしても失礼のない服装が無難だと個人的に思っています。

ただ、作業着でお仕事に行く方が仕事前に参拝する際などは、作業着でも問題ないと思います。
なぜなら「気持ち」が大切だからです。

服装はあくまでも「気持ち」を表す手段の一つです。

しかし、稀にジーパンでの参拝をよしとしない神社(宮司)もありますので、念のため事前に調べたほうがいいかもしれません。

毛皮はNG?

毛皮コートや一部にファーがついている服装は殺生をイメージさせるのでNGと認識している方が多いようですが、実はそれは寺の場合です
神社ではNGではありません。(余談ですが、私は神社のマナーに関係なく生きるため以外の殺生は断固反対です。)

昇殿参拝(しょうでんさんぱい)を受けるときの服装

昇殿参拝とは?

昇殿参拝とは、厄払いや戌の日参り、七五三の儀式などの際に、拝殿の中へと入り、神職の方に祝詞(のりと)を奏上していただき、神様に祈願していただくというものです。

この場合は、神聖な場所に入るので服装はしっかり気をつけましょう。

スーツが基本

礼服(フォーマルウェア)がよしとされています。ビジネススーツでも問題ありません。

女性の場合は、膝が隠れるのであればワンピースにジャケットでも可です。
色も派手すぎなければ特に指定はないようです。
ただし!脱ぐとはいえ、足先が出ているタイプの靴は避けましょう。
素足も良くないのでストッキングも忘れずに!

特別な場所に上がらせてもらって、祝詞を上げていただくという意識をしっかり持ち、それにふさわしい服装を心がけましょう。

神社によってはふさわしくない服装で行くと、容赦なく断られることもあるので、お気をつけくださいね。

その他の注意点

鳥居をくぐる際、拝礼の際は、帽子や手袋を取ることを忘れずに。

神社とは気負って行くような場所ではなく、ご挨拶に行きたい時、何かを報告したい時、お礼を伝えたい時など、気軽に行ける場所だと私は考えます。
どんな参拝者でも受け入れてくださいます。
服装はあくまで、神社に対する敬意。
敬意さえしっかり持てば、通常の参拝であれば、そんなに難しく考えなくても大丈夫。

気持ち良く参拝しましょう。