神社

【鳩森八幡神社】ハトの御朱印と御朱印帳が大人気!恋愛運アップの神社

鳩森神社の鳥居

今回ご紹介するのは、東京都渋谷区千駄ヶ谷にある鳩森八幡神社(はとのもりじんじゃ)

神社好きに人気が高い神社で、私も沢山の神社好きさんにおすすめされたので行ってきました!

【東京 渋谷区】鳩森八幡神社とは?

鳩森神社の鳥居

鳩森神社は有名なので都内に住む神社好きの方ならその存在をご存知かと思いますが、千駄ヶ谷一帯の総鎮守であり、江戸時代には江戸八所八幡宮の一社に数えられていた由緒ある神社です。

境内にある富士塚「千駄ヶ谷の富士塚」は都内最古であり、東京都有形民俗文化財に指定されています。

歴史と由緒ある神社ですが、今時な一面もあり、SNSも積極的に取り入れておられる親しみやすい神社です。

実は私が鳩森神社に参拝することになったきっかけの一つが、鳩森八幡神社のツイッターアカウントからお待ちしています」とリプライを頂いたからなんです!

神社さんに直接お誘い頂いて行かないわけにはいかない!
いやむしろ喜んでおじゃましたい!!お誘いいただけるなんて光栄!!

と興奮しながら参拝することを決めました。笑

可愛らしい御朱印や御朱印帳もよく知られているので御朱印を求めて鳩森神社を訪れる方も少なくありません。

このように鳩森神社は、ずっと通い続けるお年寄りの方から、最近神社や御朱印に興味を持ち始めた若い人たちまで幅広い世代に愛される神社なんです。

由緒

大昔、この地の林の中にはめでたいことが起こる前兆の瑞雲(紫色の雲)がたびたび現れていました。
ある日青空から白雲が降りてきて不思議に思った村人がその雲が降りてきた林の中に入っていくと、突然沢山の白い鳩が西の空に向かって飛び去って行きました。
この霊瑞(不思議なめでたいしるし)によって、神様が宿る小さな祠を作り、鳩森(はとのもり)と名付けました。
貞観2年(860年)、この地の村人が関東巡錫(教化などのために各地を巡り歩くこと)中の慈覚大師に対し、鳩森に御神体を強く求めたため、応神天皇、神功皇后の御尊像を作り添え、正八幡宮として尊敬し奉ったと伝えられています。

御祭神

社殿:応神天皇/神功皇后(おうじんてんのう/じんぐうこうごう)
甲賀稲荷社:宇迦之御魂神(うかのみたまの神)
富士浅間神社:木花咲邪姫(このはなさくやひめ)
神明社:天照大神(あまてらすのおおみかみ)

ご利益

・心願成就
・縁結び
・子宝/安産
・勝負運(将棋)
・女子力アップ

など。

境内の様子

千駄ヶ谷駅から徒歩10分程度の場所にある鳩森神社の広々とした境内には緑がいっぱいです。

鳩森八幡神社の鳥居

鳥居をくぐると正面に社殿が鎮座しています。

本社:鳩森八幡宮

鳩森八幡神社の社殿、鳩森八幡宮

昭和20年、戦災により消失してしまいましたが、昭和23年から何度も復興を繰り返し、昭和56年末に一度完成しました。
そして平成2年の建設工事により元の壮麗な姿を取り戻しました。

また、外からだと見えにくいのですが、戦前天井に描かれていたことにならい、108点の草花や暮らしの中の道具をテーマにした天井画が描かれています。

富士浅間神社

鳩森八幡神社の境内にある冨士浅間神社

先ほどご利益のところで「女子力アップ」とあまり聞きなれない言葉を書きましたが、それがここ、富士浅間神社なんです!

富士浅間神社の御祭神、木花咲邪姫(このはなさくやひめ)は、「木の花(桜の花)が咲くように美しい女性」という意味を持ち、女子力アップ(美貌など)の神様として知られています。
その美しさにあやかろうと女性の参拝者が多いんです。

私もいつもよりお賽銭を多めにしてしっっっかり長時間手を合わせてきました!笑
どうか世界中を魅了する桜の花のような魅力がつきますように!!!!!!(切実

甲賀稲荷社

鳩森八幡宮の甲賀稲荷社  

かつては今のこの場所とは別の場所にあり、甲賀組屋敷の武士などが崇敬していたお稲荷さんです。
明治18年に鳩森神社の境内に移動し、合祀されたそうです。
その後昭和20年5月の戦災で社殿を焼失し、八幡宮、諏訪大神とともに本殿の中に祀られていましたが、昭和45年に今の場所に神社が建てられ、鎮座しました。

神明社

羽田森八幡神社の神明社

境内の隅にひっそりと鎮座されていますが、御祭神は天照大神様です。
昔は神宮として権田原にあったそうですが、明治41年に八幡神社の末社となって鳩森神社の境内に鎮座されました。

将棋堂

鳩森八幡神社の将棋堂

昭和61年に日本将棋連盟より高さ1.2mの大駒が奉納され、その後日本将棋連盟が六角のお堂を建設しました。

ガラスが反射して見えづらいですが、大きな王将の駒が奉納されているのがわかります。鳩森八幡神社の将棋堂の大駒
ちなみに鳩森神社のすぐ横には東京将棋会館があり、氏神はもちろん鳩森神社。
趣味の将棋好きからプロを目指す人、現役のプロまで、将棋に関わる幅広い人々から守護神として崇められています。

都内最古の富士塚

鳩森神社の富士塚

手入れされた緑や花は本当に美しかったです。この富士塚では四季折々、それぞれの表情で私たちを迎えてくれます。

富士塚とは、とっても簡単に言うと、ミニチュア富士山です!

小さな塚なんですが、ちゃんと◯合目という目印があったり、頂上があったり、池があったり、そして急な山道があったりと手軽にちょっとした登山気分を味わうことができます。

鳩森神社の富士塚

登山口は3箇所。私は正面?の社殿横にある鳥居をくぐって登山しました。

綺麗な階段は最初だけで、すぐに険しい道へと変わります。本当に山登りしているような気分を味わえます。

鳩森神社の富士塚

登山の途中には多くの祀られた岩や石があるので、短い登山ですが見所は沢山です!

鳩森神社の富士塚

キョロキョロしながら歩いているとあっという間に山頂です。

驚いたのが、私の目に飛び込んできたこの景色!!

鳩森神社の富士塚の山頂からの景色

登山って、登頂までの過程がどれほど辛くても山頂からの景色をみたら全部吹き飛ぶとよく言いますが、吹き飛びました!(ちょこーっとしか登っていませんが笑)
これは絶景!違う季節だとどんな景色になるのかまたぜひ見に来たくなりました。

また富士塚の山頂には小さな奥宮が置かれていますが、これは富士山の山頂に浅間大社奥宮があることからそれを再現しています。
富士塚はあちこちにありますが、ここの富士塚は数ある富士塚の中でも本物を忠実に再現していると言われています。

山頂以外にも本物の富士山を再現した箇所がいくつもあるので、富士山に登ったことがある方は探しながら登るとまた楽しいと思います。

鳩森八幡神社の富士塚の山頂

ミニチュア富士山とはいえ足元は険しく、生い茂った木々の間を通ったりするので、なかなか楽しめます!

余談ですが、実は私は登山が趣味で海外の5000m級〜6000m級の山(有名どころでいうとキリマンジャロなど)を登っているので、この小さくとも本格的な富士塚は結構ワクワクしました。無事山頂までたどり着けたので、次の登山が成功するような気がします!ありがたい!

御朱印

境内の美しさやその長い歴史や由緒の素晴らしさはもちろんのこと、鳩森神社は可愛らしい御朱印も人気のひとつ。

鳩森神社の御朱印

鳩のハンコが可愛い!
鳩森神社は、行事などに合わせて出る限定御朱印が大変人気ですよね。

最近ですと、新年号記念御朱印。

鳩森神社の『令和元年奉祝記念』限定御朱印情報

話題を呼び、期間中は毎日行列。1日200体限定でしたが、どの日も午後にはなくなっていました。

今回拝受できなかった方も、次回の限定御朱印を楽しみに待ちましょう!

初穂料:500円
時間:9:00~17:00

行き方・詳細

まずは行き方から。
どの駅からも近く立地はとてもいいです。

行き方(アクセス)

電車
・JR総武線「千駄ヶ谷駅」より徒歩5分
・都営大江戸線「国際競技場駅」より徒歩5分
・東京メトロ副都心線「北参道駅」より徒歩5分

住所:東京都渋谷区千駄ケ谷1-1-24

詳細

鳩森八幡神社
住所:東京都渋谷区千駄ケ谷1-1-24
電話番号:03-3401-1284
最寄駅:千駄ヶ谷駅・国立競技場駅・北参道駅
社務所:9:00〜17:00
御朱印:あり(500円)
駐車場:あり(3台)
公式サイト:http://www.hatonomori-shrine.or.jp/
公式twitter:https://twitter.com/hatonomori8man?lang=ja
Instagramhttps://www.instagram.com/hatonomori_shrine/