神社

【磐井神社】子沢山狛犬と御朱印がカワイイ!千年以上の歴史を持つ神社

今回ご紹介するのは、東京都大田区にある磐井神社(いわいじんじゃ)です。

実はこちらの神社、Twitterで神社好きの方々がこぞってお勧めしてくださって知りました。

実際に訪れてみたら神社の雰囲気も御朱印もとっても素敵だったのでみなさんにもご紹介しますね!

【東京 太田区】磐井神社(いわい神社)とは?

私がこの神社を知らなかったのは、福岡から東京に引っ越してまだ間もないため。
東京の神社好きや御朱印好きのあいだでは知名度の高い、やみんなが知っていると言っても過言ではない有名な神社さんです。

神社のマスコットキャラクター化している子沢山の狛犬や可愛くて派手な御朱印も人気を集める理由の一つ。

実際に行ってみて、駅からは遠くないですが静かな場所にあり、気持ちよく心を落ち着かせて参拝できることも魅力だと感じました。

由緒

式内社(しきないしゃ)と呼ばれる古い格式を持つ神社です。
貞観元年(859年)、この神社を八幡社の総社に定めたと記録されてあり、江戸時代には徳川家の将軍も参詣したそうです。
また、磐井神社の社名は「磐井の井戸」と呼ばれる聖水があった事から付けられたそうです。

御祭神

応神天皇/神功皇后(おうじんてんのう/じんぐうこうごう)

応神天皇は15代天皇と言われていますが、その存在は謎が多く未だにはっきりしない部分が多々あります。
神功皇后は応神天皇の母。
応神天皇といえば「八幡さま」の呼び名で親しまれる、八幡神社の祭神です。
磐井神社は八幡でなはく神社という名称が付いていますが、859年にこの神社は武蔵国の八幡社の総社に定められています。

仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)

14代天皇で、応神天皇の父であり、神功皇后の夫ですが、応神天皇と同様、その存在は今でも謎が多いままです。
仲哀天皇、応神天皇、神功皇后一家は古事記や日本書紀にも書かれている通り、物騒な話もありますよね。
もしその話が本当なら、仲哀天皇は一緒に祀られている事をどう思っているのでしょうか…。

姫大神(ひめおおみかみ)

特定の神の名称ではなく、主祭神と関わりの深い関係(妻や娘)の神道の女神の総称です。

大己貴命(おおなむちのみこと)

別名、大国主命(おおくにぬしのみこと)。神話や万葉集などに興味がある方なら必ず聞いたことがある偉大な神様ですよね。

サメに皮を剥がれたウサギを助けたりと優しい心をお持ちなのに、逆恨みで兄たちに何度も殺されたり、正妻が他の妻に嫉妬して追い出してしまったり、頑張って作った国を渡さないといけなかったりと大変苦労された神様で、個人的にも大国主命の神話は好きでよく読みます。

ご利益

・愛嬌
・厄払い
・心願成就
・病気平癒
・安産/子育て

境内の様子

大森駅や大森海岸駅から歩いて行ける距離にある磐井神社は、大通りに面しているにも関わらず、静かでゆっくりとした時間が流れています。

神社の境内ではないのですが、すぐ近くにはこの神社の由来になったとも言われている井戸があります。

磐井の井戸

岩度神社の由来にもなった磐井の井戸

もともとは神社の境内にあったものの、道路拡張により神社の境内が狭くなったことで神社の外に出てしまいました。
古くからこの地域にあり、東海道往来の旅人に利用されていたとされる井戸で、この井戸の名前が磐井神社の社名の由来になったと伝えられています。

磐井の井戸の伝説

こころが正しい人が飲めば清水、邪念があれば塩水になるという面白い伝説があります。
もしまだ利用ができていたら、私もぜひ飲んでみたかった…!

社殿

磐井神社の社殿

1954年に再建されたものの、歴史を感じる重厚感のある社殿です。
最近は真新しい神社や、建築デザイナーが設計した神社、コンクリートでできた神社も珍しくなくなりましたが、やはり焦げ茶色の木造の社殿は目の前に立つ時により身が引き締まる気がします。

人気の子沢山狛犬

対で合計6対の赤ちゃん狛犬を抱く子沢山狛犬は子宝の象徴として信仰を集めています。
親狛犬の背中に乗って戯れる狛犬の愛らしい姿などが人気を呼び、今では磐井神社のキャラクターになり、御朱印帳や限定御朱印にもこの狛犬たちが描かれています。

海豊稲荷神社

磐井神社の海豊稲荷神社

玉垣にはかつての大井、大森海岸花柳界だった神社周辺で営業をしていた芸妓屋や料亭の名前が赤文字で刻まれています。

美しく着飾った芸者さんたちもここに立って、商売繁盛を願ったのかなと思うと時代を超えていま自分がここに立っていることが不思議な気持ちになります。

その時代その時代でたくさんの方が、この場所に立ち、思い思いの気持ちを胸に手をあわせる。それを長い間変わらず見守ってくださっていると思うと感慨深いです。

笠島弁天社

磐井神社の笠島弁天社

池にぐるっと囲まれた笹島弁天社は緑も多く美しいです。

この日はとても天気が良かったので池の亀たちが日向ぼっこしていました。

磐井神社の亀

少しでもいい場所を取ろうと小競り合いしている様子は可愛い。
小さな争いを小さな体で頑張っていました。最近雨が多かったもんね。いっぱい甲羅を乾かさなきゃね。

石碑群

磐井神社の石碑群

境内には多くの石碑が並んでいます。
磐井神社には江戸時代の書家「松下鳥石」が寄贈した鳥の模様のある珍しい自然石「鳥石」や、神社近くの鈴ヶ森の地名の由来になった「鈴石」がありますが、現在は非公開になっていて、残念ながら見ることはできません。

御朱印

磐井神社の御朱印

磐井神社の御朱印といえばその華やかさが人気を集めていますよね。
限定御朱印や月替わりの御朱印など種類も豊富です。
右が月替わりの御朱印(直書き)、左が友禅和紙に書かれた御朱印(書き置き)です。
どちらも違う華やかさがあって素敵!
左の御朱印は写真にすると分かりづらいですが、折り鶴の縁が全て金で、角度を変えるとキラキラしていてとっても綺麗なんです!

最近マイブームで華やかな御朱印を集めていますが、磐井神社さんの御朱印はその中でもかなり派手です。
眺めているだけで元気になる!

初穂料:各300円
限定御朱印:あり
拝受できる時間:9:30〜16:30

行き方・詳細

まずは行き方です!

行き方(アクセス)

・JR大森駅から徒歩10分。
・京浜急行 大森海岸駅から徒歩3分。

私は行きは大森駅、帰りは大森海岸駅を使いましたが、暑い夏は大森駅からだとあまり日陰もなく、しんどいかなと思いました。

住所:〒143-0016 東京都大田区大森北2-20-8

詳細

磐井神社
住所:〒143-0016 東京都大田区大森北2-20-8
電話番号:03-3761-2931
最寄駅:JR大森駅・京浜急行大森海岸駅
駐車場:あり
社務所:9:30〜16:30
御朱印:あり(300円)