マナーと知識

【神社の呼び名と意味】「神社」「神宮」「大社」「宮」など何が違うの?

神社巡りはじめばかりだと、神社の名称の「神社」「大社」「神宮」「宮」の違いに疑問を持っている人は多いはず。
今日はみなさんのそんな疑問を解決します!

まず、「神宮」「宮」などの名称の事を「社号」といいます。

社号は神社の格式や祀られている神様によって決まります。

それではそれぞれの違いをご説明しましょう!

専門用語など難しい言葉は使わず、出来るだけ噛み砕いて分かりやすく書きますので、安心して読み進めてくださいね。

「神社」とは?

磐井神社の社殿

神社は社号の中で最もよく聞く単語だと思います。
それもそのはず。神社は社号の総称です。

そして他の社号と違い、「神社」を名乗るための条件や基準が設定されていないので日本全国に多くの「〇〇神社」が存在します。

昔は「〇〇稲荷」「〇〇八幡」という名称でしたが、今は「〇〇稲荷神社」「〇〇八幡神社」になっているという神社も沢山あります。

なので、例えば「宮」「大社」がつく神社のことを「神社」と呼ぶのは間違いではありません。

「大社」とは?

神社には、系列があります。

簡単に言うと、会社のようなものです。
会社には本社があり、支社がありますよね?
その本社にあたるのが「大社」です。

お稲荷様、八幡様、など名前が一緒の神社があるのはこういうこと。
系列があり、同じ系列の神社なんです。

同じ御祭神と神社名を共有する全国の神社の中の頂点が「大社」で、明治時代に定められた神社の格式制度の中でもトップクラスの格式を持つ神社だけが名乗る資格を持ちます。(基準はそれだけではありません)

大社には出雲大社、宗像大社などがありますが、大社がつく神社は全国で24社しかなく、第二次世界大戦前から大社を名乗っていたのは出雲大社の一社のみです。

「神宮」とは?

明治神宮の鳥居

明治神宮、伊勢神宮などがありますが、「神宮」は皇室と深い関わりがある神社が名乗ることができる社号です。

神宮には、歴代の天皇や、天皇の祖先神、皇室と関係が深い神器やそれに関係のある神が祀られています。

「神宮」という名称が生まれた時は伊勢神宮の一社のみでしたが(そもそも伊勢神宮の正式名称は「神宮」で、伊勢神宮を指す言葉でした。)、その後三社(三重県の伊勢神宮、千葉県の鹿島神社、茨城県の香取神社)に増え、現在では全国で24社の神宮があります。

大社と神宮はどちらも格式の高い(トップクラス)の神社の事です。

「宮」とは?

大宮八幡宮

基本的には、皇室の子供や孫などが祀られている神社が「宮」を名乗ります。
ただし、「宮」に関してはその限りではなく、菅原道真公(すがわらのみちざねこう)を祀った「天満宮」など、歴史上の重要人物を祀った神社も「宮」を名乗っている場合が多くあります。

おまけ:八幡、天神、稲荷の違い

この記事を読んでくださっている方の中には、「八幡」「天神(天満宮)」「稲荷」の違いも実はあまりわからない。という方もいるかと思いますので簡単にご紹介しますね。

本当にざっくり説明すると、祀ってある神様とご利益が違います!

先ほど「大社は会社でいう本社」とご説明しましたが、八幡や稲荷や天神は会社でいう支社、子会社のような立ち位置です。

勝負運なら「八幡」

大宮八幡宮

「八幡」がつく神社の名前はよく耳にすると思います。
それもそのはず。八幡神社は日本で2番に多い神社なんです。

八幡神社の御祭神は応神天皇おうじんてんのう)ご利益は主に、勝負運金運です。

昔の有名な武将も必勝祈願に訪れています。

なので、ここだ!!!という人生の転機や、人生に関わる勝負事(受験、就職、婚活)などのタイミングで参拝する方も多い神社です。

本社は大分県宇佐市にある、宇佐神宮です。

学問なら「天神」

太宰府天満宮の楼門

天神(天満宮)の御祭神は学問の神様である菅原道真公(すがわらのみちざねこう)で、ご利益は学業成就です。

菅原道真公といえば、幼い頃から頭脳明晰で、とても難しい役人試験に合格、その後は学者や政治家としてもその能力を存分に発揮し、さらには詩人にまでなったお方。

そのため、学問・芸術の神様として祀られています。

神様として祀られるほど頭がいいってすごいですよね…。

また、天神(天満宮)には菅原道真公とゆかりの深い牛の像があり、この牛の頭を撫でると頭が良くなると言われているので、どの神社でも牛の頭は撫でられすぎて色が落ち、金ピカになっています!笑

本社は、福岡県太宰府市にある太宰府天満宮です。

商売繁盛なら「稲荷」

出世稲荷神社

日本で1番多い神社が稲荷神社!!なんと、全国に約3万2千社もあるんです。

御祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのみこと)で、ご利益は五穀豊穣商売繁盛です。

もともと宇迦之御魂神は農業の神様でしたが、日本が農業以外の産業も活発になったことで、農業だけでなく商売繁盛の神様として祀られるようになりました。

ちなみに、お稲荷さん=キツネと思われがちですが、そうではなく、本当はお稲荷さんの使いがキツネといわれています。(諸説あり)

本社は京都にある伏見稲荷大社です。日本だけでなく外国人観光客からも観光地として高い人気を誇っています。

まとめ

今回は、神社の社号の違いや、名称ごとの御祭神やご利益をご紹介しました。

これを知っていると、例えば散歩中にたまたま見かけた神社でも「八幡様っていうことは応神天皇で、勝負運ね。」や、「宮ってことは皇室にゆかりがある方か、歴史上の重要人物が祀られているのね」などがわかるようになるのでそれだけでも楽しいと思います。

何より、せっかくご縁があって神社に参拝に行くのであれば、その神社のことを一つでも多く知って行く方がより良い時間が過ごせると思います。

それでは充実した神社ライフをお過ごしください!