神社

【大宮八幡宮】東京のへそ!都内最強のパワースポットと御朱印

大宮八幡宮

東京の中心にあることから東京のへそと呼ばれ、パワースポットとしても有名な大宮八幡宮。
余談ですが私が住む地域の氏神様でもあり、よく参拝する神社です。

大宮八幡宮という神社を知らなくても、「小さいおじさんが出る神社」といえばピンとくる方もいるのではないでしょうか。

今日は小さいおじさんの目撃情報が多い場所もご紹介しますので小さいおじさんを一目見たい方もぜひお付き合いください!

【東京都 杉並区】大宮八幡宮とは?

東京のへそ、大宮八幡宮

神門を入り、正面に見えるのが大宮八幡宮の本社です。

社殿は鎮座して956年になり、鎮座地でもある「大宮」の地名は大宮八幡宮の神域が広大であったことから名前が付けられたそうです。

境内はなんと15000坪もあり、その神社の広さは東京都で第三位!
ちなみに一位は明治神宮、二位は靖国神社です。

御祭神

・応神天皇(おうじんてんのう)
・仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)
・神功皇后(じんぐうこうごう)

神功皇后と仲哀天皇はご夫婦、応神天皇はそのご子息です。

ご利益

・子育て/ 子宝/安産
・恋愛成就/縁結び
・家内安全
・出世/開運/勝利祈願
・厄除け
・八幡信仰

応神天皇がまだ神功皇后のお腹にいた状態で、神功皇后が三韓(古代の朝鮮半島三国)征伐をし、帰国後無事に出産したことから神功皇后は安産の神様と崇められるようになりました。
親子(一家)で祀られている大宮八幡宮は安産祈願の神社としても全国的に有名で、年間を通して東京都内だけでなく日本中から参拝者が集まります。

大宮八幡宮の子宝について書かれたたくさんの絵馬

境内のいたるところに、子宝、出産などに関する願いが書かれた絵馬が沢山ぶら下がっています。

また、最初にも書きましたが、大宮八幡宮はパワースポットとしても有名で、大宮八幡宮で拝受するお守りはご利益が強いと評判です。

境内の様子

社務所にて大宮八幡宮の境内マップをいただけます。
境内にはいくつもの神社や見所がありとても広いですので、マップがあるとかなり助かります。

境内には本社の他に三社が鎮座しています。

大宮天満宮

大宮八幡宮の大宮天満宮

学問の神様、受験合格の神様、菅原道真公(すがわらのみちざねこう)を祀る神社です。
毎月25日には大宮天神月次祭、7月24、25日には大宮天神こども祭が行われています。

大宮稲荷神社・三宝荒神社

大宮稲荷神社・三宝荒神社

大宮稲荷神社は衣食住の神、大宮三宝荒神社は竈(かまど)の神、生活保護の神として信仰されています。

若宮八幡神社・白幡宮・御嶽榛名神社

若宮八幡神社・白幡宮・御嶽榛名神社

江戸時代から農業、養蚕の神として信仰されてきたそうです。
若宮八幡神社は八幡大神の荒御魂をお祀りしていると言われています。

白幡宮はこの宮を造られた源頼義公(みなもとのよりよし)とその子の八幡太郎(源義家公)の御神霊が祀られており、若宮八幡、白幡宮は特に本殿とゆかりの深い御祭神をお祀りしているお社です。

境内には他にも、夫婦銀杏、力石、延命祈祷水が流れる多摩聖水社(社務所にて500mlペットボトル入り300円で購入もできます)などたくさんのパワースポットがあるのですが、特に私が気になったのが、共生の木です!

御神木:共生の木

大宮八幡宮の共生の木

かやの木に犬桜が寄生しそのまま一本の木になり共に生きている、稲荷神社の目の前にある御神木、共生(ともいき)の木です。

大宮八幡宮の共生の木

「二つの異なる木が一本の幹で結ばれ、助け合いながら生き続けている姿は、まさに共生(国際協調、相互扶助、夫婦和合など)を示唆している御神木です。」

と書かれてあります。
全く違う2つの木が、争うことなく、共に生きる道を選び、今は御神木として祀られている姿は、とても美しくて感動。

小さいおじさん(妖精)が現れる!?

大宮八幡宮の代名詞とも言える、小さいおじさん。

ミスター都市伝説こと、関さんがテレビ番組で紹介してから一気に有名になりましたが、生まれた時から杉並区に住み、大宮八幡宮に縁のある知人(60代女性)曰く、テレビで紹介される前から、大宮八幡宮には小さいおじさんがいるという話は普通にあったとのこと。

ちなみに、小さいおじさんだけじゃなく、天女を見たという人たちもいるみたいですよ。

小さいおじさん出没場所

境内のあちこちで目撃情報はありますが、特によく現れると言われているのが稲荷神社周辺です!

大宮稲荷神社・三宝荒神社

本社に向かって左手奥にある稲荷神社。目撃情報が集中している場所です。
また神門手前の手水舎の近くにある、多摩清水社周辺も目撃情報が多く上がっています。

小さいおじさんのご利益がすごい!

小さいおじさんを一目みれば、とにかく物事がうまくいく!!幸運が舞い込む!!願いが叶う!!と、もはや無双モードになると言われています!

小さいおじさんに会いたくて何十回も通ったのに結局会えなかった人もいれば、小さいおじさんの存在すら知らず大宮八幡宮に行き、ふと目の前の木を見上げたらひょこっと顔を出した小さなおじさんにばったり会ってびっくりしたという人もいます。

残念ながら私は会うことができませんでしたが(会いたくて2時間ほど境内をうろうろしました笑)、またリベンジするつもりです!

いつか会ってみたいな。小さなおじさん。
どんな髪型なんだろう。どんな服装なんだろう。どれくらいのサイズで、どんな表情なんだろう。お話はできるのかな…

そんなことを想像したら、ワクワクしますよね。

御朱印

大宮八幡宮では、大宮八幡宮と大宮天満宮の二社の御朱印がいただけます。

大宮八幡宮の御朱印

初穂料はどちらも300円で、社務所が空いている時間は10:00~17:00です。

ちなみに御朱印帳も二種類ありました。

大宮八幡宮の御朱印帳

実は私、御朱印好きをうたっておりながら東京都内の御朱印帳を持っていなかったので、ピンク色の幸福がかえる御朱印帳を購入しました。

大宮八幡宮の御朱印帳

光沢のあるピンク色とカエルの柄が可愛くて気に入っています!
初穂料は1300円です。

大宮八幡宮:行き方、詳細

最後に、行き方や詳細を記載します。

行き方(アクセス)

住所:〒168-8570 東京都杉並区大宮2-3-1

バス

□京王・井の頭線「西永福駅」下車 徒歩7分。
□京王・井の頭線「永福町駅」下車 徒歩10分。

電車+バス

□東京メトロ丸ノ内線「新高円寺駅」下車→永福町行きバス(高45、新02)に乗り大宮駅下車。

□東京メトロ丸ノ内線「方南町駅」下車→永福町行きバス(宿33、中71)に乗り大宮駅下車。

「大宮八幡前」のバス停ではなくその先の「大宮町」で降りた方が近いので間違えないようにお気をつけください。バス内でもアナウンスがあります。

詳細

大宮八幡宮
住所:〒168-8570 東京都杉並区大宮2-3-1
電話番号:03-3311-0105
駐車場:あり
社務所:10:00~17:00
御朱印:あり(300円)
公式サイト:https://www.ohmiya-hachimangu.or.jp/